【閉店】漫画が読めるだけじゃない!漫画を描くこともできる漫画喫茶『漫画空間 高円寺店』さんに行ってきました。

2018年4月6日:こちらの記事でご紹介しています漫画空間高円寺店様は閉店いたしました。

どうも、ご無沙汰しております。
すっかり2度目の東京の暮らしに慣れ…といいたいところですが、まだまだ環境が整っておらず、それに加えて迫り来る増税のために買い出しに走り回ったりな日々です。
そんな中、先月は週末を雪によって潰され、今月は増税直前の買い出しに追われそうな予感がしたので、気分転換にと何処かコワーキングスペースを探してみようということになりました。

条件としては
・漫画が描けたらいいよね
・電源あったらいいよね
・そんなにお高いところじゃないといいなあ
・長時間居座ることができるといいなあ

カナダに居た頃はスタバやブレンズ、ウェーブスコーヒー等、チェーン店からそこら辺の個人の喫茶店で長時間居座って作業をすることができたのですが(もちろんwi-fiと電源付き)日本にはまだまだそういう所が少ないと思います。(追い出される事があると友人から聞かされた時はなんの冗談かと思いましたが…^p^)
そんなわけで最初の頃はちょっとシャレオツな店で入店料払うシステムにびっくりしました…。
うーん、維持費と考えたら仕方ないか!

でもちょっとおしゃれなだけのお店じゃなあ…なんてモヤモヤしていたら「漫画を描くことの出来る漫画喫茶がある」と、教えていただきまして、ちょっくらいってくらあ!!と行ってみました。

漫画も描ける漫画喫茶『漫画空間 高円寺店』

元々大須にある漫画空間さんが本店なのですが、こちらは立地的なこともあって入る勇気がなかったんですよねえ…^p^
一度は行ってみておけばよかったな…。

で、今回私が伺った高円寺店さんはアクセスが高円寺駅北口側バスロータリーの目の前!
改札を抜けて北口に顔を向けるとすぐに見えます。

入り口がちょっと目立たない感じがしましたが、立て看板がちゃんと有ります。

雑居ビルのような、少し狭い入り口の階段を上がるとすぐ左手に見えます。

やめるなよ!

>>やめたんかい!!(゜д ゜)<<

いきなりツッコミを入れたくなるプレートが有りましたが、手動で扉を開けると店長さんがいらっしゃってくださいました。
店長の深谷さんは現役の漫画家さんで、ここでご自身も制作をされているようです。編集さんとの打ち合わせなどもされるそうなので、すべての工程が見れちゃうかも?ですね。

漫画が描ける漫画喫茶「漫画空間」、まもなく東京進出 漫画家の店長が作業場公開
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1402/03/news106.html

コーヒーが美味しかった!

まず、店長さんからデジタルとアナログどちらの席を利用するのかの説明を受けます。
それから、料金に含まれている飲み物を、コーヒーか紅茶(アッサムでした)どちらかをチョイスします。私はコーヒーを選びました。

このお店では料金が後払い制となっており、(今まで行ったコワーキングスペースでは基本料金を前払いしてお会計で追加料金を支払うシステムだったりしてたんですが、これが普通なのかな?コワーキングスペースに詳しい方教えてください…)席の代金は最初の一時間がアナログ席で600円、デジタル席で700円スタートとなっております。
大体3時間ぐらい~5時間ぐらいの滞在が割安、それ以上は割高の料金体系になっており、私は3時間ほどでお暇いたしましたが程よい料金だと感じました。

ちなみに作業席はこんな感じ

作業場

アナログ席で今回は下書き兼ネーム作業をいたしました。
全体的に20ページほどの漫画ですが、Evernoteにセリフとおおまかな流れを書き込んでいたのと、この後別のコワーキングスペースさんでこの漫画の独立したサイトを制作しようと思っていましたので、MBPを持ってきていました。
漫画空間さんでは無線wi-fiスポットが導入されておらず、自前を持ち込むことになると思います。(デジタル席のPCは有線で繋がれていました)

作業をはじめて少ししてから店長さんがコーヒーを持ってきてくださりました。
意外と言ったら失礼ですが、このコーヒーが美味しかった!

お菓子も頂きました

※写真に写ってるお菓子は、本日たまたま店長さんが頂いたものを配ってくださったものです。ごちそうさまでした!

最初、店内には私だけだったお客さんも、次々と入ってきまして店長さんが画材の扱い方をレクチャしたり、別のお客さんでは店長さんが似顔絵を描かれたり(すみません、iPodでガンガンにSUM41とかImagine Dragonsとかを聞いてたのでちょっとうろ覚えです…)とても雰囲気の良いお店でした。
あ、飲食に関しましてはコーヒー200円、紅茶300円、ペットボトル飲料150円、缶飲料が120円となっております。
他にもレベルに合わせた漫画の講座が別途料金で受けられます。
似顔絵は1,000円だったかな。

詳しい料金につきましては下記公式サイトをご確認ください~。

漫画空間 高円寺店
http://www.mangakukan.com/shop_koenji.html

帰り際に店長さんと少しお話をしましたが、その間にもお客さんがいらっしゃったり、追加の飲み物の注文があったりと少しお忙しい様子。
よく考えたら店長さん、ご自身も作業をされてるんですけど、作業を中断しながらの接客なんですよね。大変そうだな~と思いますが、嫌な顔をせずニコニコと対応してくださるので「本当に楽しんでるんだなあ」と感じました。

あ、店長さんに職業を伺われましたが、Webデザイナー…で、良かったのかな…と、いまさらですが…^p^
一応、パネルとかDTPもやるしなあ…。
「今度漫画見せてください」とにこやかに仰ってくださったんですが、うん、多分、席にいらっしゃる度に私が紙を伏せたりするからなにか思うところがあったのでしょうか…すいません…オープンに漫画を書くことに慣れてないんです…事務時代も隠れてマンガ書いてましたから…。

オープンな場所で漫画を描く事が気にならない人ならアリかも

ということで結論としましては、私のようにオープンに漫画を書いてきていない人間にはちょっとハードルが高かった気がしますが、そんな私でも作業に集中することが出来ました。
自宅作業で全然進まないとか、煮詰まった時とかいいんじゃないでしょうか。
私の主観になりますが、店長さんの接客がかなり好きな方なので、程よい関わり具合でいい人にもいいんじゃないかと。

料金の件も、画材やトレース台、コピー機(モノクロで6枚30円だったかな?)スキャナなどの貸出サービスもあって納得のお値段ですし、wi-fiは持ち込めばいいですし。

個人的に店内がBGMナシでとっても静かなのでiPodを持ち込んで作業をすればかなり集中できそうですね。
逆に、話し声が結構響くので、編集さんや相方や原作の方などとの打ち合わせってどうなのかな?すごい響きそうな気がしましたが…。(私が気にし過ぎなタイプだからかもしれません…)

あと、お手洗いも綺麗だったのでここも良かったな~。と。
最初場所が把握できなくて店の外に出そうになったのは私です。実にすいません。

帰りに1階入り口の立て看板を見てるリア充を見かけたのですが、「今度行ってみようかな~」みたいな話をしているのを見かけました。さすが高円寺や中野周辺はそういうマンガ文化の地域への浸透性といいますか、土台がしっかりしているんだな・というのを感じました。

立地もいいので今後いろんな方が利用されるといいなあと思います。
蔵書は漫画喫茶としては比較的少ないと感じましたが、おすすめのPOPなんかもあって楽しいですよ。
背景資料集とか資料の本も揃っててさすが漫画も描ける漫画喫茶…。

最後に、アクセスについて私は知らなかったのですが、土日は中央線快速は高円寺には止まりません。
新宿から高円寺まで中央線快速で10分弱で到着するのですが、10分ちょっとかかります。
間違えて中央線快速に乗りかかりました…地元ではない遊びに来られる方、土日は気をつけてくださいね…。

できれば月に一度とか足を運びたいな~。
何やら今後ワークショップなども予定されてる(?)そうですよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする