Working Holiday

ワーキングホリデーとは
ワーキング・ホリデー (Working Holiday) とは、二国間の協定に基づいて、青年(18歳~25歳または30歳)が異なった文化(相手国)の中で休暇を楽しみながら、その間の滞在資金を補うために一定の就労をすることを認める査証及び出入国管理上の特別な制度である。
日本政府とワーキング・ホリデー査証(ビザ)に関する取り決め又は協定を結んでいるのは発効順にオーストラリア、ニュージーランド、カナダ、韓国、フランス、ドイツ、イギリス、アイルランド、デンマーク、中華民国(台湾)、香港、ノルウェーの12か国である。
原則として各相手国ごとに一生に一度しか利用できない。

査証に関する申請条件などは絶えず変化しているため、申請にあたっては各国の大使館やイミグレーションが開設している公式ページで公式な情報を確認することが重要である。(Wikipedia)

と、wiki先生には書かれていますが、ちょっと言い回しが難しいと感じたら、「協定を結んでいる国に1年間遊んでもよし、働いてもよしなビザを発行する制度」と、覚えておいて間違いは無いと思います。
このサイトでは、そのワーキングホリデーの中でも、私が滞在しましたカナダについて重点的にお話を書いていこうと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする